パンゴ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

パンゴとは、ルーファンの政治家。国立科学情報技術局局長。歯に衣着せぬ発言や、大胆な政治行動から剛腕、また長らく精力的な活動を行い、鉄人と称された。

概要

政治家一家の次男として生まれた。幼い頃から、その行動力から剛腕ぶりで知られていた。

当初ハルコより出馬し当選したが、素行が悪く、アルコールに溺れ、夜遊びにあけてくれていたため除籍となった。しかし才覚は見せていたこともあり、カープアへ転籍したが、これが転機となった。

彼の剛腕ぶりはカープア転籍後一気に花開き、注目の政治家として成長した。そして間もなく局長に就任することとなる。

局長としての功績もさることながら、局長退任後も精力的に活動、むしろ退任後のほうが全盛期であったといわれる。

その後政界引退を表明するが、ジエトやアンパングで顧問として活動を継続した。

政治家として

とても通りそうにない法案も通してしまうその剛腕ぶりで知られるが、一方で無茶を通そうとすることもあり、失策も少なくなかった。また失言も多かった。

ただし、多くの有用な政策を実行したことで、功績はルーファン史上随一である。