パラレルディー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

パラレルディーは、トルポス中央のハクワサ大陸北方に位置する風水士国家エイチェルの政治家、軍人。レプタンス家の宮宰。ピキナチョ家の内管領。ラルカーン以後のエイチェルにおいて、アレサンビャエン・オべウィンプと並ぶ巨人である。グライ・ラルカーンを模して、ネクスト・グライと称された。

概要

幼少時から風水術のエリートであり、ゼルダミユル以来の天才と謳われた。幼少期からエイチェルでは知られており、また若くして実績を残したことからラルカーン以来の大器として、グライ(偉大なの意味)・ラルカーンに対して、ネクスト・グライと呼ばれるようになる。

エイチェルの有望株の中では突出した存在であったが、ジーラ・レミ出身のアレサンビャエン・オべウィンプが登場する。オベウィンプもまた類まれな風水士であり、パラレルディーとは様々な場面でお互いを高め合い、熾烈なライバル関係となった。

台頭が早かったため、様々な最年少記録を持っており、なおかつ壮年となってもエイチェルの中心として活躍した。