パプレス・ヒャオ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

パプレス・ヒャオとは、セカンドの開拓者、開発者。フェーズ=ドガ史上、トニー・ミマ以来最大の人物とされ、セカンド史上最も偉大な人物の一人である。彼の功績はフェーズ=ドガの奇跡と称される。

概要

史上最高の天才とされ、開発者、技術者としては怪物じみたものを持っていた。さらに、技術力はないが史上屈指の思索性と構成力、また強固な意志をもったハイヒルドゥ・ロドに師事し、のち盟友となった後も生涯をかけて影響を受け続けた彼は、最高の技術力と最高の思想性を持った存在となった。

彼のその開発する技術と改革は、早い段階で高い評価と影響を与えていたが、一方で経済的な才覚は弱く、その功績に比して成功は見合わないものがあった。

しかしながら、経済政策に秀でたベルーウ・ビンフを得たことでその問題も解消し、フェーズ=ドガでも最も大きな成功を与えることととなった。

彼のすさまじさは一重に圧倒的にクオリティの高さにあり、その異次元のクオリティの高さはセカンド中に多大な影響を与えた。

セカンド史上最高の偉人として、後代にいたるまで多くの尊敬を集めている。