バリオン・リッケルセル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索
バリオン・リッケルセル
バリオン・リッケルセル 立ち絵.png
世界 天変驚異
おっきな船

バリオン・リッケルセルとは天変驚異世界における新大陸時代に活躍した開拓者である。

概要

バリオン・リッケルセルは新たな天変驚異の訪れにより新大陸時代を迎えたガルベニア大陸で生まれ、わずか13歳で西の新大陸マモールドへと渡り、開拓事業に従事。

やがてバリオン旅団と呼ばれる開拓団を結成し、大陸奥地で勢力を拡大、のちにマモールド有数の大国へと成長するジルギスの礎を気づいた伝説的な人物として知られる。

また、バリオンはその出身地、経歴が一切不明の人物として知られているが、マモールド到着直後のバリオンについて書かれた当時の資料から見るに、貴族か、あるいはそれ以上の上流階級の出身であったという説が有力である。

生涯

前述の通り、バリオンは新大陸で活動を始めるより前の経歴が一切不明であるが、マモールド大陸到着時の記録から考えるに上流階級の出であったという説が有力である。当時新大陸へ向かう開拓者の中には一攫千金を夢見るものだけではなく、社会への競争や職にあぶれた者達も多く混ざっており、中には没落貴族だったり、貴族の三男だったりのような上流階級の出身ではあるものの止む終えない事情によって家を出ざるおえなくなった人間も多く混ざっていた。

バリオンもそうした人間の一員として新大陸の港町ニューディーンに流れ着いた一人だったと思われるが、彼には通常の貴族では持ち得ない圧倒的な魔法の実力と豊富な知識を持っていた。

その才能と知識によって彼は港町を取り仕切るニューディーン開拓団内で順調に実績を伸ばしていくが、そのあまりにも幼すぎる年齢とそれに見合わない実力のせいで周囲との開拓者との中は険悪であった。

しかし、それも後にバリオンが生涯の盟友と呼んだマーキス・レイとの出会いによってかわり、開拓者集団バリオン旅団を結成。ニューディーン開拓団から脱退し、新大陸の更に奥地、まだ見ぬ未踏の領域を目指して前進を開始することとなる。

(このページは書きかけです)