バタフ・イファ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

バタフ・イファは、龍山の政治家、軍人である。龍山市長。理青地方を代表する偉人の一人である。行動派であったアサ・オンキンジャー・ヤーチェに続いて世界的に存在感を示し、また理論派の巨人であり、その第一人者である。

概要

あまり裕福な生まれではなく、彼は毎朝夜明けに目を覚まし、母親が路上でハーブゼリーを売るのを手伝い、夜は工場で働きました。そして少年の頃から、郵便配達員、カメラのセールスマン、タクシーの運転手 などの奇妙な仕事をすることで家族を支援するために学校を去りました。

その後は人生は大学卒業後、新聞広告に反応し始め、政治と研修生の申し込みは地元の政経塾に受け入れられました。まもなく有望かつ人気の存在となりました。

当初は好青年の印象でしたが、次第に軍事主義、過激派としての側面が注目されるようになり地位を固めたのち、「英雄的な流血」によって世界的な存在となりました。