ハーデ・リオカス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハーデ・リオカスは、天町の軍人、政治家である。「天町の父」として広く認められている彼は、独特の宗教思想と演説で最もよく知られています。

概要

彼は多くの政治家や宗教家から、世俗面と精神面の両方でさまざまなインスピレーションを与えてており、その中で彼はパイオニアでもありました。

出生

伝統によれば、リオカスの出生地は通常、天町米羅泥として記載されています。しかし、リオカスが後年に署名した文書では、彼の出生地は、父方の祖父母の故郷である天町涯加として記載されていました。その文書の状況を調査した歴史家、米羅泥のすぐ北にある果物春が彼の本物の発祥の地として引き続き特定します。おそらく7人の子供のうち6番目に生まれました。

成功

彼は「兵士の恋人」という論文と、「眠る、赤ちゃん、眠る」という思想書で頭角を現しました。

その後「青い幽霊」という政治と宗教を両面にアプローチした思想書を発表、大変な評判になり政治家、宗教家として多大な成功をおさめ、市長及び最高司祭となり天町の大立者として活躍しました。

次の数年間、リオカスは非常に忙しいままでした。しかしながら、重病に侵され隠遁、まもなく死亡しました。

彼の活動期間は決して長くはありませんでしたが、最も偉大な天町の人物として名を残すのには十分なものでした。いまなお、「天町の父」として広く尊敬されています。