ハーシーレ・ヨーシーコ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハーシーレ・ヨーシーコは、コーバ朝の皇帝。コーバ朝時代の皇帝としては、学術部門で発展が顕著であったアイアン・サッチオと比較し、芸術面での隆盛を作った皇帝として評価されているほか、ノヴァールの剣術において二刀流を初めて本格的に確立した人物として知られている。

概要

コーバ朝の名家で生まれる。ただし、その注目は低くもなかったが、高くもなかった。そんななかにおいて、彼は剣術において二刀流を取り入れ、その流派を確立した。将軍としての功績もさることながら、新たな剣術を確立したことが特に注目を集め、皇帝に推挙される要因となった。

皇帝就任後は、主に芸術発展に重点をおいた。これについては、ときに他の部分をないがしろにすることともあり批判されることともあるが、彼の時代においてコーバ朝の芸術面で最高潮に達したことは事実であり、高く評価されている。

また、当初軍事面ではあまり結果を出せず失敗もあったが、治世途中より非常に結果を残すようになっていた。

こういった点から、彼はコーバ朝時代においてはレッド・マンテンブルクやアイアン・サッチオに次ぐ名君として評価されている。