ハルカ・ハキオッキル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハルカ・ハキオッキルは、ホミアの錬金術師、学術府長官である。ルエヒュミー・ハットゥシーゴの最大のライバルであり、ハットゥシーゴと並ぶ巨人として君臨した。清廉潔白な人物であり、その人柄は賞賛され、また端正なルックスもあって国民から大変な人気と尊敬を集める人物である。

概要

6歳の時、父の職場の近くの錬金術の工房を覗いたことをきっかけに錬金術に目覚めた。その情熱と才覚から、父は副業をし、母も仕事の掛け持ちをして彼の勉学を支えた。

その後、貨物船に飛び乗り単身ホミアに渡り大学に入学する。学生時代、ルエヒュミー・ハットゥシーゴと出会い、この頃より互いに強い刺激を与え合い、切磋琢磨することとなった。

博士となってからしばらくは運に恵まれず苦労人の時代を過ごした。しかしこの時期もその才覚を認められることが多々あった。

しかし、ハットゥシーゴを破って顕彰を受けたことをきっかけにその才覚が本格的に花開き、一気にホミアの重要人物となると、学術府長官となった。長官としてはハットゥシーゴと並び巨大な功績を残した。引退は早く、それは惜しまれた。

人柄

ハキオッキルの人柄、人望は非常に多くの賞賛を集めている。その清廉潔白さは、権謀渦巻くホミアにおいて稀なものであった。また素朴で人が良く、そのことは国民からも広く知られていた。その上、王子様と評されるほどのルックスも持っており、国民からは大変な人気と尊敬を集めている。