ハリー・トリクスマ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハリー・トリクスマは、家角の政治家である。世界首相。家角の第5世代の一人であり、最大の人物とされる。 彼の繰り返しのテーマの1つは、困難と逆境に直面した国民の回復力です。

概要

彼の父は皮膚科医であり、裕福な家庭に生まれた。が、混沌の時代のため彼は幼少期に困難に直面した。彼は自分の血を売って勉学に励むなどし、優秀な人物となった。

彼が政治に進出した時点で、彼は規制に引っかかっていたが、その才と訴えによりその活動を許可された。この時期の知り合った人物たちは家角の第5世代の核を成すこととなります。

彼はその盟友たちと、最初は小さな団体として活動を始めますが、才人たちがお互い協力しあったことで、間もなく巨大な勢力となっていきます。ヤーチェ・トリファーソングが「黄色い鋼城」によって先鞭をつけると、トリクスマは自身の恋人とともに本格的な政治活動を重ねていくことになります。

彼はいくつもの歴史的な活動を経て、世界首相を歴任し、また首相としても多大な功績を上げ続けることとなり、家角の第一人者、史上最も偉大な人物の一人と評されるほどとなりました。