ハリス・ハマティニ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハリス・ハマティニは、宝封の実業家である。「宝封のプリンセス」と呼ばれることが多い彼女は、新世代の他分野の起業家たちの復活の象徴的存在となりました。宝封のアイコンと見なされているハマティニは、世界的に人気のある存在です。

概要

彼女は10代にして成功し、キョーゴ・ユアすらもしのぎ、歴史上最も多くの富を得た10代以下の人物となった。

彼女はナドアストロ・フォートナンなどの時代を支配していた女傑たちに憧れる少女の一人であった。「リビングルームで昼夜を問わず一緒に語り明かした」とは彼女の弁である。また、イトー・アアは彼女が社会に進出するきっけとなった、とも語っている。

彼女はそんな女傑たちよりも、彼女たちも早い成功者であったにもかかわらず、それらをしのぐ若い成功者であった。結果、若い未熟ながら可能性に満ちた起業家、活動家たちの勢力の拡大に大きな役割を果たした。

この時期に起こした若い感性にあふれた「もう一度」「おっと、再び」はカリスマ的な存在感を社会に示し、歴史的なものとなった。