ハラウ・フォージュン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハラウ・フォージュンは、景炉の政治家である。景炉市長。政治、経済、思想などの全面で急激に発展し、世界に衝撃を与えることになる景炉において、その最初の成功者であり進出者となった偉人である。その影響力は後代にまですさまじく、景炉の祖と評される向きもあるなど、景炉史上屈指の偉人である。

概要

政治家となると若いことからその精悍な顔立ちと、一本筋の通ったストイックな政治姿勢で人気を博しました。当時の景炉はまだ発展途上でしたが、その中で彼は確かな地位を確立していきました。

彼が世界的に影響を集めることとなるのは、主にチェイ・トオと行った「冬総」運動によるものでした。これによって景炉は世界に初めて大きな衝撃を与えることとなり、その中心であった彼もまた世界的な人物となりました。

その後も世界的人物として活躍し常に注目を集める傍ら、景炉のインフラ整備に力を割くようになると、それはますます本格化していき、ついには政治の世界を離れることとになりますが、彼は景炉の発展を裏側から支える巨人となりました。