ハクシーン・スロープロ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハクシーン・スロープロとは、セカンドの開発者。ロヴァフィの開発者であり、スーマ星系を代表する偉人で、ミモ・ヤホンメルツ・ディギーらとともにスーマ星系の三大巨匠の一人と称される。

概要

学生時代より技術を専攻し、実際に黎明期のロヴァフィにて開発を行っていた。しかし、当初は開発が芳しくなく、開発からの撤退や学校への復学を考えていた時期に最後の望みを託してスロープロが制作したのが、「最後の夢」である。

「最後の夢」は、フェーズ=ゲム史上最高の開発の一つとなった。そしてそれはセカンド全体で多大な影響を与え続けるものとなった。

「最後の夢」は、フェーズ=ゲムにおいて革新的な事象を取り入れ、常に現象を巻き起こし続ける存在であり、不可能といわれたエントラテンテンプの牙城を崩したこともあった。