ハイロ・ヒルマス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハイロ・ヒルマスは、愛流の指導者、大学教授である。大権教授新三賢の一人。経済学者であり、また実業家でもあった彼は、新三賢の中でもっとも経済に精通しており、愛流の独自の統治システムの確立に合わせ、その経済的発展にも大きく寄与し、後代においても非常に尊敬されている。

概要

実業家の母と経済学者の父を持つきってのエリートに生まれた彼は、両親から受け継いだ天性の経済感覚と知性によって、実業家、経済学者として名を馳せた。

また、宗教にも精通し、彼自身が信仰を選択することはなかったものの、深い思想を持っており、思想家としても高く評価されている。さらに、勃興間もない來和の反政府組織とも関係を持ち、この時期は比較的愛流人と來和の興隆が多かったものの、基本単発に終わったのに対し、彼は來和に深く影響を与えるほどのものであった。

さらに、芸術にも通じ、その方面でも起業、一勢力となるなど、非常に多彩な人物であった。