ハイテル・ロンフレン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハイテル・ロンフレンとは、トルポス南方のローノシン大陸北部に位置するカーサ共和国の軍人、政治家。海洋国家化以降のカーサにおいてケイホン・サンカケと並ぶ巨人チャカール首長国ハイテルでの活躍で特に知られる。

概要

多くの高名な人物と異なり、彼は決してエリートというわけではなかった。彼は壮年期まで術士としてもその他の事柄に関してもさほどではなく、注目を浴びることもなかった。また若い頃は無頼漢のような生活をしていたこともある。

しかしながら、ミン・カンカワに見いだされ、その才を開花させることになる。開花してからはあっという間に、カーサを代表する人物となった。

その後、幾分か経由を経て、チャカール首長国のハイテルに招かれることとなる。ハイテルは精霊石文明の中でも屈指の大都市、名門であるが、ロンフレンはそこでカーサ人史上最高の功績をあげることとなる。ハイテルでは中心人物として、活躍した。

王権でもケイホン・サンカケとともに貢献者となり、カーサにこれまでにない栄光を与えることになるなど、功績を残した。