ハイシュ・シンリーバ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ハイシュ・シンリーバは、花宴の実業家、宗教指導者である。花宴史上に名を残す偉人の一人。

概要

北方で花宴教の教父として宗教活動を行っていた。この時期事業にも成功し始めており、北方のシン・フォレスと呼ばれていた。この活躍が花宴中央部へ伝わり、中央進出を目指すこととなる。この時期、すでに妻子をもうけていたので、悩んだが、その妻に押され、「1年で売れなかったら戻る」と約束し、単身進出した。

中央進出後、伸びやかな発想とそれまでの活動で鍛えられた胆力と迫力で経済・宗教両面で瞬く間に成功した。

同時期に台頭した愛流のロミイ・ロックとは都市を超えてライバル関係にあった。

その後も順調に成功すると、反政府都市で去る來和ゴールド・シュクラバーとも連携し、さらに一段彼自身の勢力、影響も伸ばすと、説法「聖母の黄昏」によって当代最大の存在となる。またこれは同年のロミイ・ロックの学術書「キタラクラ」との数奇な競争関係にもあった。

さらにその後説法「アローカット・アクロス」も発表し、こちらも歴史的なものとなった。