ノル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ノルは、社爽の政治家、宗教指導者である。社爽の市長。社爽で最も重要な人物の1人と見なされている偉人。

概要

宗教指導者として積極的に過激な政治活動を行う人物で、彼のスタンスは論争を呼び起こしますが、彼の主張、政策の中で頻繁に輝く 人権、環境保護、反軍国主義などの原因への彼の複数のコミットメントのために、彼は自分自身を「迷惑な思想家」と呼びました。

来歴

彼の父は創作者として高名な人物で、裕福な家庭に育ちました。父はノルに執筆の趣味、真実への愛情、そして信仰教育を与えました。

早くから政治に関心を持ち、学生のことから過激な政治活動を行っていました。社会の混迷もなかで、彼はこの時期さまざまな作品を創作することとなります。

その後政治活動が軌道に乗り始め、本格的に知られる存在になると、アクティブな活動に積極的だった彼は当初乗り気ではなかったものの、初の思想書を発表し、注目を集めることとなる。またこの時期彼は結婚をしました。

以降順調にキャリアをアップしていった彼は、その後社爽史上屈指の思想書を発表、大変な話題となり、間もなく市長になりました。