ノアン・シュシャン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ノアン・シュシャンとは、セカンドの開拓者、開発者。「エン」の開発者として知られ、パプレス・ヒャオ以来の巨人となった人物。「エン」はハクジャ星系最大の事績の一つであり、ヒャオ以上とも称される与えた影響は、のちのハクジャ星系の歴史を支配した。

概要

幼い頃より開発者を志し、そして大規模工造物などを夢中で見ていたという。生まれ育った惑星は工業などが盛んな街であり、その工場群の原風景は人工物、メカニックを好む感性に影響を与えたという。

高等学生の頃から技術者としての才能を示していたが、その後は遊び惚けていたため、親に心配され、実技のみであった入学できる工学学校に通うこととなった。工学校ではのちに盟友となる多くの人物たちと出会うなど有益なものであったらが、一方で彼からすれば物足りない環境でもあり、除籍となった。またこの時点でネフでの重要な技術職が決まってもいた。

そして、パプレス・ヒャオと出会い、師事することとなった。両者の関係は愛憎渦巻くものであったが、後期は愛が勝った。

その後は若い有望な開発者らとともに、民間工学・研究を行い、意欲的な開発、研究を行った。それなりに成功を収めるとビッグスの開拓に参加、そして「エン」を生み出すこととなる。