ネウワレ・フレバゲ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ネウワレ・フレバゲは、測量士たちのメンバーの一人で、愛流の指導者、大学教授である。大権教授。測量士たちの中で最年少の人物であり、最も独創性に富みで愛流の巨人となった。太秦、來和とも蜜月があるが、ライウィド・カナイゴウ・グラカラムらと異なり最も思索性にも富んでいた。測量士たち解体後は新派閥の長を務めるなど、最も多才な人物でもあった。

概要

典型的なギフテッドであり、幼くして学位を取得し、測量士たちの最年少メンバーとして若くから活躍した。多才であり、年少ながら活躍はメンバーの中でも比較的早かった。また非常に独創性に富み、愛流において特異な存在感を示したことで、狛子地方においても特異な立ち位置を占めることとなった。

太秦では史上最大の「便利屋」と称されるなど、一般には困難な問題に適格に対処する独自の存在として知られ、また來和においても王道とは異なった憑依者として社会に衝撃を与えた。さらに思索性にも富んでいた。

狛子地方、ひいては世界に衝撃を与えた測量士たち解体後は新派閥のリーダーとしてリーダーシップも発揮するなど、その多才ぶりを発揮した。