ナイスルセン・ミュルト

提供: rain-tree
トルポス > トルポスの主な文明圏 > 魔獣使い文明 > ナイスルセン・ミュルト
移動先: 案内検索

ナイスルセン・ミュルトとは、魔獣使いの王。史上最高の魔獣使いと一人と評される。ルッツシラスの両大国の王。アンクシーポ・キロレクター・マーフィスバッジ・チャイムと並ぶルッツの当時史上最長の王位にあった。魔獣使い史上最高の偉人の一人とされる。太陽王と称されたほか、怪魔人とも異名された。

概要

しばしば史上最高の魔獣使いに一人と称される。

魔獣使いとしてのキャリアは早かったが、一方で雌伏の時間は長かった。魔獣使いでは一定に地位に早くからあったが、補佐的な印象が強かった。

そのようなから変化したのは、ルッツで地方知事を就任してからであり、これを機に彼は完全にその才を花開かせた。以降の彼の勢いはすさまじく、彼の躍進、活躍は歴史的であると同時に社会現象的なものでもあった。彼はその後ルッツ史上最長の王位にいることになるが、その時期の功績や支配力、影響力は歴史上最高のものであった。