ドラフ・ラキデン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ドラフ・ラキデンとは、セカンドの開拓者、開発者。弟らとともにリューキットを開拓した。そのカリスマ性によりリューキットの全盛期を実現した。

概要

早くに両親を亡くした。技術は独学で学び、テム星系のザ・シーにてキャリアを積んだ。ザ・シーでは、テム星系における構想・設計者と技術者との提携による開発事業という形態を確立させ、時代を代表する技術者となった。

ハクジャ星系への進出を志向し、当初イスメイアでの活動を目したが、権益関係の交渉でのトラブルからいっそ自分たちで惑星開発をしよう、となりリューキットが誕生した。

リューキットではカリスマ性を発揮し、多くの偉大な功績をたて、リューキットの全盛期を実現した。星系でも屈指の存在となったが、ドラフが早逝してしまったことにより、多くの人材が流出することとなり、衰退がはじまることとなる。