トワノ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トワノとは、ルーファンの政治家。国立科学情報技術局局長。その実績もさることながら、アルバイト生活から数年後に局長として国政のトップにたったそのシンデレラ・ストーリーでも有名である。

概要

若い頃より政治への関心は高かったが、まったく陽の目をみることはなく、注目されることもなかった。それどころか生活も苦しく、アルバイトやさまざまな仕事を掛け持ちしなんとか生計を立てていた。しかしその知性、信条は決して非凡でなく、また何より強い意志によって、ようやく政治家の道へ着くことができた。

政治家になってからは、それまでとは反対に、彼はいくつかの幸運に恵まれた。また、彼自身も政治家として非常に有益かつ印象的な改革、政治行動を起こし、わずか数年で局長に就任し、国政のトップに立つこととなる。政治家としてのキャリアも決して長くなく、それどころか、わずか数年前までフリーター、無職であった彼が局長になったことは世界的にもまれな出世劇であった。

局長になってからは、しがらみにとらわれない大胆な改革を次々行い、多くの功績を残した。

一方、局長退任後は紆余曲折で、自身が長であったランマ派から排除されるなどあったが、ヒノジヨウンでも長となり派閥史上最大の勢力拡大をするなど功績を残した。