トム・イトゥ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トム・イトゥは、シン朝の皇帝。シン朝の基盤を整えた皇帝として知られ、中でも彼の成立させたイトゥ法典と、英才教育機関はシン朝の600年にも及ぶ支配において最も重要な国家運営の核となった。

概要

シン朝のエリート中のエリートでなんと生まれる前から将来の皇帝就任が約束されていたとも言われている。誕生後は英才教育を受けた。

その後マンを持して皇帝に即位すると、国家の核となるのは細やかな法整備であると考え、結果イトゥ法典を完成させた。この法典の意義は大きく、シン朝が600年にも及び大帝国となったのはこの法典を原則として国家運営してきたためであるいわれており、その評価は極めて高い。また、教育も重視し、特に帝国直属の英才教育機関を設立したことで、帝国では常に有能な人物が存在することとなった。これがシン朝に名君が多く暗君が少ない理由とされている。

比較的在位が短く、派手さもなかったが、その治世において残した事績がシン朝600年の基盤になったとされ、その評価は極めて高く、ときにシン朝でも最高の皇帝とされることとも多い。