トフ・エディピア

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トフ・エディピアは、社爽の政治家である。社爽の市長。社爽の歴史上最も偉大な人物であり、都市の象徴的存在でもある。

概要

社爽史上最大の人物である。エディピアの政治姿勢はしばしば自身の生活に起因しており、彼女は自身の愛、喪失、悲しみに基づき、それらを現実的な市民生活への還元として市政を行った。差別や貧困など深刻な問題に対することが多い印象もあったが、一方、実は、娯楽や遊興など功績は様々でもある。

来歴

多くの伝記にもかかわらず、エディピアの人生の真実の多くは不明です。伝説によると、彼女は舗装道路で生まれたといわれます。彼女は母に捨てられ、祖母に育てられました。彼女は17歳にして娘を出産していますが、うまく育てることができず、娘は2歳で亡くなりました。このことは彼女の生涯に重要な影響を与えました。

20歳のときに、彼女は政治思想家のプル・ルイルに発見されました。彼女の極度の緊張にもかかわらず、演説を託されました。これが彼女の伝説の始まりとなりますが、翌年、プル・ルイルは殺害されました。

このような悲劇的な時期を経て、彼女は「でも私はどうしたの?」演説を持って、社爽でもっとも有名な人物となりました。そして多くの社爽の困難のなかで、彼女は最大の人物として大きな役割を果たし続けました。

彼女はわずか47歳で亡くなりますが、最も偉大な人物として記憶され、尊敬されている。