トニー・ミマ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トニー・ミマとは、セカンドの開拓者。しばしばセカンド史上最大の人物とされる。その名の通り星系の名前の由来となった人物であり、その影響力の大きさは星系にとどまらずセカンド全体においてその歴史を決定づけるものであった。彼と彼の生み出した事跡はセカンドの象徴となっている。

概要

彼の存在はもはやセカンドすべての象徴ともいえる。

ミマは内気で自虐的で不安な男だったが、プライベートでは温かく外向的な性格を持っていた.。彼は一緒に働く人々に対して高い基準と高い期待を持っていました。彼はセカンドの歴史と文化史において重要な人物であり続け、セカンドのアイコンと見なされています。

彼はセカンドのすべてに影響を与えたといわれ、テム星系の開拓者サッカー・テムハクジャ星系パプレス・ヒャオなど各星系の巨人たちもミマの影響と偉大さを公言している。またフェーズ=ゲムエントラテンテンプはミマをあり方、方法論をモデルケースとしている。