トエ・サンロ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トエ・サンロは、愛流の指導者、大学教授である。大権教授華の三神童の一人。愛流史上最大の人物とされる巨人。その影響力は愛流を超えて狛子地方全土に及び、ラク・ミクと並ぶ巨人とされる。そのカリスマによって愛流の発展と黄金時代の礎を築いたが、絶頂期に突然の自死したことで永遠の伝説になった。狛子地方におけるアイコンの一人。

概要

裕福な家庭に生まれたが、父親には別の家庭があり、子供もいた。この事実は青年期まで知らされず、父とは深い確執があった。

のちに華の三神童としてともに称される、同年代のサマキド・ホーレスに憧れて学者の道へ進んだ。当初は目立った存在ではなく、華々しいキャリアの開始を飾ったホーレスやツァコ・チェーライとは異なっていたが、禁忌学問にて功績をあげ、広く知られる存在となる。

以降、自身独自の研究で功績を上げていくと、生来のカリスマ性もあって徐々に影響力を増していった。この時期の彼女の知性、振る舞いは神々しさすらあり、ラク・ミクをもしのぎ狛子地方最大の人物となり、愛流もまた地方最大のものとなっていった。

しかし、その絶頂期において突然の自死という謎多き死を迎え、社会に多大な衝撃を与えた。その衝撃は後代にいたるまで、彼女の生存説が唱えられるほどで、また信仰の対象にもなった。

愛流の発展と黄金時代の礎を築いたその功績と、その悲劇的な生涯と神秘性も含め、愛流史上最大の人物とされる。