トゥ=セブン・コタ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トゥ=セブン・コタは、ノヴァールの政治家、軍人、革命家。ノヴァール共和国の初代内務卿。トゥ=セブンは英雄名となっている。最後のノヴァール帝国、シン朝を打倒し、ノヴァール史上初となる共和制を生んだ偉人である。

概要

第2次シン朝末期、諸外国の近代化に乗り遅れていたノヴァールを危惧し、シン朝による帝政の打倒が活発化した。その中心地であったカミーユにおいて、イド学の若き大家であったコタは理論的でありながらときに行動的にその運動を主導し、絶対的な中心人物として帝政を打倒した。彼の卓越した政治行動や、シン朝最後の皇帝であったシーナ・コーコーもまた近代化に理解があったことで、シン朝から共和制への移行は比較的穏やかに行くこととなった。

シン朝打倒後、ノヴァール共和国を樹立、彼が初代内務卿となり、国家の改革を推し進めた。それは強権を持って行われることもあったが、今日に至るまで非常に高く評価されている。しかしながら、共和制移行は比較的国内の疲弊を抑えたにも関わらず、周囲の諸国との近代化への遅れはやはり顕著で、なおかつローノシン最大の勢力を持つことから順調とはいかず、ローノシン大戦へ向かうこととなる。