トゥル・トゥリアー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

トゥル・トゥリアーとは、セカンドの開発者。コイクルの開発者である。「何度でも蘇る」と評されるコイクルにおいて、「マシン・フェータリティ」を開発し第三の大きな隆盛を築いた偉人。マシン・フェータリティはセカンド規模で多大な影響を与え、機械工学にも新たな波を起こした。

概要

彼は必ずしも健全ではない幼少期を送りましたが、それでも優秀な人物でありました。勉学にいそしむほか、格闘術にも熱心でありました。彼が技術者となったのは特殊な経緯であり、就活をしていたころ、

「友人がホテルで開催される就職説明会県ビュッフェパーティーのチラシを見つけ、そのチラシを渡してくれました。ホテルでタダで食事ができるということで行ったのですが、開発者の人たちと話しているうちに、彼らの仕事について深く知ることができ、とても良さそうだと思ったんです。コイクルだけでなくエントラテンテンプでも就職が決まりそうでしたが、試験日が同日となったので、コイクルを選びました。」

順調にキャリアを積むと、彼は「マシン・フェータリティ」の開発を始めました。これは当初体制協力のなかで開発がすすめられ、彼も非常に意欲的でしたが、過酷な労働環境から技術者が去り、開発破棄されました。しかし諦められなかったトゥリアーは独自に一人で開発を進め、その結果再び開発が展開され、そして偉大な開発が出来上がりました。