ディーンマリー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ディーンマリーとは、ルーファンの政治家。ゴルナキユ閥の大政治家。最盛期のカルスラゲトクの代表的な性的であり、長いキャリアとして、多大な功績をあげたが、局長になることはなかった。

概要

若い頃より大物然としており、未来の大物政治家、として期待されていた。一方、最初の選挙では落選も経験している。

しかし、政治家として歩みを始めてからは、優れた政策眼、戦略眼もあって、その勢力を伸ばした。結果、最盛期にあったカルスラゲトクに対する有力な批判者として若くして存在感を示すこととなる。

しかし、若くして有力政治家として頭角を現しながら、あと一歩のところで国政のトップになることは叶わなかった。これは彼のここぞというタイミングでスキャンダルや体調の問題など多くの不運が重なったことも理由であった。

しかしながら、長らく大物政治家として君臨し、その影響力はゴルキナユだけでなく、ルーファン全体に及んだ。