ディ・ナキータ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ディ・ナキータとは、カーサ共和国の軍人、政治家。カーサが海洋国家として成長する礎を作り、カーサ史上の重要人物の一人である。

概要

若い頃より術士としての才に恵まれていたのはある意味当然であるが、彼はまた、非常に優れた頭脳を持っていた。その卓越した頭脳から、術士ではなく学者になることを強く勧めれるほどであった。

術士となったが、決めたきっかけはかねてから志向していた海外、特に精霊石のメッカであるレミの東方へ行くことを志向していたが、その後押しをしてくれることになったのが決め手であった。

その後キャリアを積みつつ、留学などもし、本格的に海外進出を進めていった。そして、ついに東方のチャカールに進出する。カーサ人としては顕著な功績をあげ、カーサの海外進出の形を作ることとなり、以降カーサは海洋国家として存在感を示すこととなった。