ディペ-ド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ディペ-ドは、メラレムの女性軍人、政治家。メラレム連邦の大統領。メラレム連邦成立から成立後にかけて、連邦の軍事、政治両面においての重要人物であり、その確立に大きな功績を上げた。連邦の四傑の一人。

概要

メラレム共和国崩壊後の国難の時代に合って、ヤンの維新政府において特に軍事面において活躍した。彼女は特異な経歴であり、彼女の維新政府入りはコネも正規試験もないものであった。

若干の雌伏を経て、維新政府の将軍となる。将軍となって以降は当初より華々しい功績をあげ、大きな役割を果たしていった。軍事、政治両面に優れ、維新政府の屋台骨として活躍した。また、その安定感ある人柄で精神面で支えた。

しかしながら、連邦成立後はほかの重鎮との意見の違いや政府の不信感のため、一時期中央政府を去った。

しかし再度中央に戻り、力の弱まっていた政府の屋台骨として再び活躍、その安定に寄与した。