テッペン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

テッペンとは、アヴァの軍人、政治家。アヴァ連合の第二代大統領。軍事、内政、外交すべてに秀でた人物としてアヴァ連合創設において極めて重大な役割を果たし、ユアシャーレが一時退官後は第二代大統領となり、連合の基盤を築く善政を行った。

概要

ルーブの出身である。幼少期は大変貧しく、非常に厳しい環境の中で育った。また、本人の才に恵まれていたとはいえなかった。しかしながら、彼の境遇をしっていた恩師などの助けもあり、教育を受けられたことで、軍人になることができた。軍人となると、環境が改善することとなり、秘められていた才能が開花することとなる。

この頃にはひそかに注目される存在になっていった。ただしまだ無名の存在であった。しかしながら、幾人かの人物からはその才はすでに注目されており、そのなかにはユアシャーレや、軍事政権側のツエレイディなどそうそうたる面々がいた。

その後は軍事政権打倒のためユアシャーレと行動をともにした。この時期彼は特に激しい地域に行くことが多く、大変苦労した。また彼自身もこの頃は失敗が多かった。

しかし打倒も進展すると、彼も軍人、政治家としての才を本格的に開花させていき、以降はアヴァ連合創設や海外進出にも多大な功績を残していくこととなった。

失脚したユアシャーレに変わり第二代大統領になると、彼はついに本領を発揮、内外的にも厳しい状況下にありながら巧みな外交と優れた内政によって国家を安定、発展させることとなった。

その後ユアシャーレの復位後は再び補佐役となると、大統領の経験もあってより大きな存在となり、ユアシャーレにも匹敵するほどの存在となり連合の全盛に大きな功績を遺した。