テス・レスティラーダ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

テス・レスティラーダは、シン朝の皇帝。ニアメラレム・フォルマンテン、ウォバック三代に続いて即位した女帝。在位年数は41年に及び、その治世はシン朝の繁栄の最後の時代とされる。

概要

シン朝は国家による英才教育制度で知られているが、彼女はそういった教育を一切受けておらず、政治にもさほど関心がなかったという。しかしながら、そのふとしたことからその慧眼が注目され、セイゲン・ウォバックのよって皇帝に指名され、即位することとなる。

皇帝となってからは軍事面を強化し、また警察機構の充実なども促進し、国家に安定をもたらした。しかしながら、内政、外交などには失点もあるとされる。

在位41年はシン朝のこうていとしてはニアメラレム・フォルマンテンに次ぐ2番目の数字で、統一王朝の皇帝としては女帝として史上最長である。