テイ・シルクシェ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

テイ・シルクシェは、太秦の政治家である。太秦出身の世界首相である。

概要

裕福な家庭に生まれた彼は、若い頃より政治に興味を持っていた。しかし政治の道を目指すことを家族に反対されたため、家出をした。太秦の中心街に行く予定であったが、その旅路の途中で軍人募集を見たことを機に軍人となった。その後軍人としてのキャリアを積みながら政治も学ぶ。この時期は「太秦の父」と評されるショミ・キーノに師事した。

キーノのもとを離れると、本格的に政治家の道を進む。このときの彼の前衛的な政治思想と行動「京項」は後代になっても高く評価される革新的なものであった。

その後は幾度かの歴史的な功績を上げたうえで世界首相も務めた。