テインキル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

テインキルは、來和の軍人、政治家、革命家である。

概要

”漂流者たち”の中でもリーダーであるロアンガーロと並ぶ中心人物であり、特に革命初期はその旗印でもあった。華々しい軍功に加え、卓越した演説能力、端正なルックスも含め、そのカリスマによって革命の象徴的な存在で、革命を進展に大きな功績をあげた。一方、革命中期は政治活動も含め限界を感じており、軍事、演説能力に加え天才的な政治的才能を持ち、自身以上のカリスマを持ったソド・シームにその役割を譲った。しかしながら、以降も革命の中心人物としてその存在感を示し続けた。

人物

”漂流者たち”のなかではロアンガーロと並ぶ最古参であるが、年齢はほかのメンバーよりも一回り若かった。

ロアンガーロやソド・シームほど厳格な政治思想、主義を持っていたわけではなく、理想あったわけではなく才能があっただけと自身を評しており、実際その点がソド・シームに革命の主役の座を譲った要因と言われている。