ツセーセン・ワーターランド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ツセーセン・ワーターランドとは、セカンドの開拓者、開発者。オウージュアの黄金時代を築き、なおかつその長きに渡って惑星を支えた、オウージュア史上最高の偉人である。彼は、エンヤの分野の開発の第一人者であり、その点ではセカンド最高の人物ともいわれ、多大な影響を与えた。

概要

魚屋の家に生まれる。父親がギャンブル好きで多額の借金を背負い、金銭的に困窮した少年時代を送る。進学を希望していたものの家庭の経済状況を勘案して進学を断念した。中等教育官僚後、父親が借金をしていた問屋に奉公に出されるが、そこで開発者になることを決意。仕事後に睡眠時間を削って技術者の研鑽を積む。

その後、その才を見出され、下働きとして技術者としてのキャリアを始める。その後は技術者として有益な経験を積む。そして、もともと志向していたエンヤの分野の開発を始めたことで、その才の大きさを本格的に開花させた。

エンヤでの彼の開発は生涯に及び、それは多岐に及ぶが、そのなかで「ナコランチ」は史上最高の成功を収めたもののひとつであるが、それ以外も多くの偉大な開発を行っており、極めて多大な影響を与えた。