チャー・チェープ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

チャー・チェープは、聖林の政治家である。世界首相、聖林市長。炎天史上最も重要な人物の一人とみなされている。炎天の父、とも評され炎天の主要なアイコンであり続けています。彼の経歴は、神話の時代から近代にいたるまで賛美と論争の両方を網羅していました。「炎天の今日の形式にする際に彼がもたらした計り知れない効果」

概要

チェープを「炎天で登場した最も重要な政治家であり、確かにその最も優れたアジテーターであり、おそらく最も普遍的なアイコンである」と呼びました。彼は「世界文化の中でそびえ立つ人物」と評されており、最重要な人物、と評されています。そして彼は「多かれ少なかれ世界的な認識可能性を発明し、炎天世界に変えるのを助けた」からです。

貧困と困難の少年時代を経て、青年期には政治家となり、そして世界首相となりましたが、彼は事実上世界で最初に本当の意味での言葉通りの影響力を模もった世界首相となりました。

彼は炎天の父、と評されます。