チャル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

チャルは、來和の政治家、革命家である。來和の初代自治政府長官。特異な経歴で來和に登場し、來和の発展に大きく寄与、來和の自治承認に決定的な影響を与えるなど、來和の歴史に大きな功績を残した。”昼の王”と称され、ケタ・ヴィトサマー・アカーシャとともに來和の三巨頭として、しばしば來和史上最大の偉人と評される。

概要

狛子地方では比較的少数派の振揺教の影響を受けた地域の出身であり、チャルという名もそれに由来している。その呼称は是宝のそれとは異なり、姓をもじったものである。若い頃はさまざまな経歴を転々とし、様々な職業を経験したが、そのインテリジェンスと博識は驚異的なものであり、当時から各業界ではその知られる存在であったという。

來和に訪れたのも、革命組織の外部顧問から紹介される形でのもので、彼の際に徹底的にほれ込んだ顧問からの強力な勧誘によって実現した。この時点彼はすでに壮年になっていたが、來和に巨大な影響を与えることとなる。

革命組織では経済や文化、社会政策などといった事柄を行った。革命組織では軍事や政治主張といった派手な側面が重視される面があり、特に軍事経歴のないチャルは当初軽んじられていたが、その圧倒的能力から來和の発展が決定的になると、彼はケタ・ヴィトと並ぶ來和の最重要人物とみなされるようになった。

彼の経済成長は來和の自治承認に決定的な影響を与えることにもなった。

以降はチャルとヴィトは対立構造となったが、サマー・アカーシャの仲介によって三巨頭体制となり、初代自治政府長官となった。以降は來和の巨人、また來和の象徴的存在として巨大な存在感を与え続けた。

彼の功績は経済や社会政策といった市民の「昼」の生活を形作るものであり、そのため「昼の王」と称されるようになった。