チャヒコ・ライヒル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

チャヒコ・ライヒルは、愛流の指導者、大学教授である。大権教授。愛流の黄金時代を代表する人物であり、ホリー・マデーン並ぶ人物としてその時代を作ったが、後年は失脚した。

概要

裕福な家庭に生まれた彼は、幼い頃より立身の願望もあり、さまざまなアクションを起こしていた。ロミ・ユケ後影響力を落としていたヤーズ大学において、彼はロミ・ユケの抜けた穴を埋める存在として影響を強めていくこととなる。

彼の登場は「愛流の女王」ホリー・マデーンと同時期であり、またともに新時代を築く存在であった。ライヒルはユケの提示した愛流の指導者像を受け継ぎ、愛流の中心人物となっていく。登場初期はホリー・マデーンすらも凌ぐ勢いを持っており、愛流の顔といえ、愛流における別格の存在となっていた。

しかし、母体であるヤーズ大学との軋轢の末、大学を離れるなど、さまざまな問題が立ち上り、失脚することとなった。

失脚したものの、愛流の黄金時代を代表する人物として、いまなお愛されている。