チノゲキ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

チノゲキとは、ルーファンの政治家。国立科学情報技術局局長。連邦前期において、ルーファンのヌス閥の黄金時代を築いた大政治家である。

概要

3人兄弟の次男として生まれた。若い頃よりエリートとして知られており、学生時代には弁論大会で当時連邦史上最高得点で優勝した経験もある。

期待の英才として、ヌスにて政治家として若くしてスタートを切ったが、当初は若さゆえか失言も多く、知性が欠如していると嘲笑されることもあるほどであった。しかし、順調に成長を重ね、人気・実力を兼ね備えた人物とみなされるようなった。

ヌスカーテンと呼ばれた統制された派閥運営に加え、政局に切り込む鋭い舌鋒、立ち回りにより、彼は局長となり、ヌス閥による政治支配を実現し、黄金時代を築いた。

一時病気をきっかけに失脚したが、途端に政権運営が低迷したため、待望により復帰、瞬く間に政権を立て直した。

連邦前期の大政治家として、連邦の発展を築いた大政治家と称えられている。