ダン・ネディネ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ダン・ネディネは、エリミ出身の軍人、政治家。エリミ初の王であり、覇者の一人である。王権と覇権を有した歴史上数少ない人物でもあり、エリミ、ひいては西暦籍文明史上最も偉大な人物の一人である。

概要

移民の子であり、彼はエリミの融和の象徴でもある。7人兄弟の末っ子として生まれた。住んでいた地域は犯罪率が高く、失業率も高いいわゆる貧民街だったが、ネディネの家族はその中では比較的快適に暮らせており、5歳の頃から術士としての研鑽を始める。

天才術士として17才で軍人となり、順調に頭角を現した。プラット2世としばしば評された。 そして、チャカールスヴェンに拠点移してからは本格的に東方の最重要人物となった。そして、ニーダ・プラットも成しえなかったエリミ史上初の王となった。

王となって以降、精霊石はネディネの時代だったともいえる。王として偉大な功績をあげ勇退すると、続いては覇者としての影響力を高めていき、ついに覇者となった。王権と覇権を有した歴史上極めてまれなあげた人物となった。