ダンジョンツリー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索
ダンジョンツリー
世界 ダンジョンツリー
ジャンル スチームパンク

ダンジョンツリーの項では、果てしなき迷宮の世界であるダンジョンツリーの概要について説明する。

かつて

かつて、1つの星に生まれた1つの超文明によって、大地はあますことなく迷宮のような建築群に埋め尽くされ、空には何本もの巨塔が連なった。やがて文明が衰退し、この星から生命の殆どが消え去ったあとも、都市管理を行う機械装置によって、その荘厳な建築群は往年の姿を保ち続けている。

だが、そんな無限に続く迷宮都市に、いつしか迷い人と呼ばれる存在が現れた。

かつての超文明の生き残りとも、異世界からの来訪者とも言われるその存在は、一人で、或いは複数人で都市の中を彷徨い歩き、孤独に旅を続けている。

終わったはずのこの世界で、新しい物語が始まろうとしていた。


概要

ダンジョンツリーは古代の超文明が崩壊した世界に突如として現れた迷い人と呼ばれる人達の冒険を描く世界です。

古代の超文明は蒸気と魔法の力を主動力とした機械群、星全体を埋め尽くすほどの建築群を残しこの世界を去っていきました。迷い人達は彼らが残していった遺物を漁り、自らが必要とするもの…食料、道具、武器…を調達しなければなりません。漁るべき場所はいくらでもありますが、その攻略は思っているほど簡単ではないでしょう。古代文明の機械群や都市管理機能は依然として健在であり、その防犯機能に引っかかってしまえば、ただちに遠方から治安維持機械群が駆けつけてくるからです。建築物の攻略には、昔の泥棒のような高度な技術が必要となるでしょう。圧倒的暴力で強引に解決することも1つの手ではあるかもしれませんが。


地理

ダンジョンツリーは基本的に大宇宙に存在する無数の星の1つを舞台としています。この星はかつて存在した超文明によって地表の全てが高度な建築群に覆われ、本来の大地、海はその下に覆い隠されてしまっています。

その都市構造は場所によって異なるものの基本的には都市の大部分を構成する、比較的背の低い建物と迷宮のように入り組んだ道路によって構成される【ダンジョン】と遥か遠くからでも見える驚くほど高く、巨大なタワー【ツリー】によって構成されます。

【ダンジョン】はかつての超文明を築き上げた生命体が使っていた住宅街や商店と思われる基本的な建築物によって成り立っており、建物の高さは基本的に20m前後、50mを超える物はほとんどありません。

【ツリー】は【ダンジョン】とは対象的に都市の間に立つ極めて巨大建造物であり、その数はこの星全体で合わせても1万を超えることはありません。 その高さは想像を絶するもので、どんなに小さなものでも1万m程度、巨大なものであれば100万mを超えるものもあり、その内部には【ダンジョン】がいくつも格納できるほどの広大な空間が存在します。 内部には【ダンジョン】と同じような住宅街や商店が広がることもありますが、大半は建物を維持する機械設備や工場等の重要施設が存在し、都市管理装置は常時起動している一方で生産設備は遥か昔に巨大倉庫を埋め尽くすほどの膨大な製品の製造を終えてその活動をストップしています。また【ツリー】の昇降装置を用いれば地下………つまり、本来の大地や海が存在する区画へと降りることもでき、人工太陽や機械群の管理によって保存されたかつての星の生態系の姿を見ることができるでしょう。

ユニークアーキテクチャ


気候

驚くべきことに、星内の気候は北極であろうと南極であろうと赤道であろうといかなる場所であれ一定に保たれており、また昼夜の概念も存在しません。常に気温は20℃前後の快適な温度に保たれ、空は夕焼けのようなオレンジ色に染まっています。ただし雨や雪など天気の概念は存在しており、規則正しい一定の周期ごとに空から降ってきます。


迷い人

文明が崩壊したその後の世界で、なんの前触れも存在せず突如として出現するようになった存在です。その姿形はランダムで、いわゆる人間の姿をしたものもいれば、獣人だったり、あるいはドラゴンだったりということもあるかも知れません。

彼らは基本的にこの世界にたどり着くより以前の記憶を有しておらず(例外がないこともないですが)また例外なく迷宮言語と呼ばれる、迷い人達の間で通用する言語を理解・使用することができます。

そして現在観察される限りでは彼らに寿命のような概念は存在せず、不老の存在として初めてこの世界に足を踏み入れたときの姿形そのままで、数年、あるいは数十年、人によっては数万年もの間この迷宮世界を彷徨い続けています。

彼らは基本的に各地の建築物をめぐり、自らを維持するのに必要な糧を得るために行動しています。彼らの持つ道具は建物を攻略するために、彼らの持つ武器は治安維持機械群を撃退するために存在し、それ以外の用途で使われることは稀です。

ユニークキャラクター

アラン・タージ

リリー・ベル

文明崩壊前の歴史人物

仲道竹太朗

創作作品

創作作品一覧