タヤ・ラム

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

タヤ・ラムは、測量士たちのメンバーの一人で、愛流の指導者、大学教授である。大権教授。しばしば姓名を繋げたタヤラムの愛称で呼ばれる彼は、愛流のみならず、ラク・ミクトエ・サンロをも凌ぎ、狛子地方で最も成功した人物とも評される。その存在は常に注目を集め、一挙手一投足は社会現象となるほどであった。一方、歴史的事件となった測量士たちの解体の際に、体制側についたことは後代でも批判と議論の的となっている。

概要

裕福な家庭に生まれ、典型的な天才児であったことから、本人と意向と関係なく、学問の道に進むこととなった。それが彼が革新的な存在となる礎にもなった。

測量士たちとしての活動の当初は、愛流の低迷期でもあり、雌伏の期間でもあったが、その才覚から測量士たちの中で最初に成功者ともなり、またそれをけん引していくこととなる。

「キノ=ナラン文書」において大権教授となると、「長休」によって狛子地方を席巻し、以降狛子地方の最大の存在として君臨することとなった。彼の活躍と相まって測量士たちの各メンバーも頭角を現し、前代未聞の存在となっていくこととなった。