タイガー・ランケ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

タイガー・ランケは、宝封の実業家である。「会長」という肩書自身が彼を指すものとなっている、宝封史上最大の巨人の一人であり、炎天史上屈指の偉人でもある。

概要

移民の子として生まれたタイガーは、親しみやすい事業計画によって、伝統的なインフラの企業として都市屈指の存在となった。彼は宝封において最高の長者となると、このときに世界政府にて客人待遇の大臣に任命され、その影響のもとに宝封の支配層として君臨することとなります。

以降は、世界政府とつかずはなれずの関係を築きつつ、長らく活躍し、その影響は世界規模となりました。

幼い頃から経済のあらゆる面で能力を向上させるために一生懸命働きました。完璧主義者であり、センスと積極性で有名な彼は、常に自分の企業で市場研究を行うことを主張していました。