タイカ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

タイカとは、古代メラレムの王。ベール登場以前の古代メラレムにおいて最大の人物とされ、その事績はありとあらゆることに及び、後代のメラレムに多大な影響に及んだ。一方で、その事績は栄華のみならず苛烈な事業も含まれ、数多くの悪名でも知られ、彼自身の強烈な個性、特に性格の悪さや悪意に満ちた関わりもあり極めて毀誉褒貶ある人物でもある。しかしながら、メラレム史に極めて大きい影響を与えていることは疑いようがなく、結果、「最高の君主であり最低の人間」「メラレム史上、最も偉大かつ最も嫌われた王」と評される。

生い立ち

豊かな才に恵まれていた少年時代であったが、母が父を殺すという事件があり、これをきっかけに彼の性格が豹変したという。彼は実の母をその後幽閉した。

以降、彼は王として偉大な功績をたて国家を発展させる一方、大虐殺など過激なことも多数行い、多くのものからおそれられた。また、その性格もすさまじく、家臣もまた彼の狂気に戦々恐々としていたという。

しかしながら、彼の行った事業は今日のメラレムにいたるまで極めて偉大な事績も多く残した。また、政治家、軍人としてのみならず、芸術家としても極めて優秀で、詩編が残されている。

そのため、”王として、善も悪も、すべてやり遂げた”とも評された。実際メラレムにおいて彼の影響を受けていない事象はない、とまで言われている。