ソショーク

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ソショークとは、ミマ星系に属する惑星である。

概要

ソショークの開発が始まったのでは、ミマとクピーの連合と近い時期であり、後発の惑星である。母体となったのはファーストのインフラ企業で新概念の開発に実績のあったスリク・カンバードンゲが開発、開拓した。すると、開発間もなく、ランドマークの構築に成功し、一勢力となった。

カンバードンゲは「厳格なコスト管理と優れたイノベーションは互いに排他的なものではない」との認識のもと、ソショークを低コストモデルに固執させたいと考えていた。効率的な財務モデルを維持する方法の一つに、コストを意識した新技術を採用することで、費用と時間を削減させた。

近年はフェーズ=ゲムの巨星エントラテンテンプとの連携を模索している。

歴史

 詳細は「ソショークの歴史」を参照

人物