ゼルダミユル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ゼルダミユルは、風水士国家エイチェルの政治家、軍人。ピキナチョ家の内管領。ラルカーンのメラレム外征以降に登場したポスト・ラルカーンの一人であり、またその代表格でもある、史上屈指の風水士である。

概要

彼は肉体労働の父親と熱心な風水ママの間に生まれた。結果、彼は神童として、幼年ながらエイチェルで知らぬものがいないほどの存在だった。彼は風水士としてラルカーンに匹敵する才能を持つと、このころよりいわれていた。

ピキナチョ家に仕官するが、当時のピキナチョ家は極めて弱小な一門であり、まだ少年であった彼に一門の命運が託されるほどであった。しかし彼は、着実に実績を上げ、ピキナチョを隆盛に導くこととなる。

その後まもなく彼はラルカーンに次ぐ人物となる。このころの彼はラルカーンに並ぶほどの風水士として、権力者とての成長曲線を描き、ラルカーン外征以降は、エイチェルの第一人者となった。しかしながら、ここで彼は戦場の負傷とそれに起因した原因不明の病にかかった。これが彼の病との最初の戦いになった。

その後病で長期の休養を余儀なくされたが、その後復活すると、休養以前以上の権勢を取り戻した。

しかし、さらにまもなく彼は難病に侵されることなる。2度と表舞台に出ることすらできないといされ、今度の休養は以前にもまして長く険しいものとなったが、またも復活する。このときもまた、彼はエイチェルの最高の人物であった。

しかし、以降も病と怪我に悩まされることとなった。

彼は病のために休養を余儀なくされながら、復活するとたぐいまれな功績をあげる、という人物であった。彼がもし病や怪我がなければ、ラルカーンを超えていた、とも評されている。