センタポール・オールリヴァ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

センタポール・オールリヴァは、十二国時代のヨウ国の軍師、政治家。十二国屈指の強国であったヨウ国の軍師である。同時代のジーク・ノームらなどと比べ派手さはなかったが、地味ながら堅実な存在でヨウの縁の下の立役者としばしば評され、強国ヨウの基盤を支える活躍した。十二国の十二謀の一人。

概要

ヨウの庶民の出身である。盟友であるジーク・ノームやジャコウ・シャローズも庶民、低い身分の出身であり、ヨウはそういった階級に左右されない進歩的な気風があったことが、強国であった所以であるとされる。ただし、彼はその2名と比べると庶民としては比較的恵まれた家柄の出身ではあった。

仕官後は当初壁にぶつかり伸び悩んだが、数年後にそれまでの考え方を改め兵法を変化させて以降安定して功をあげるようになっていく。

その後はたたき上げの軍師としてながらくヨウの重鎮として国家を支えた。戦略、政治に関しては派手なことはせず堅実なものであったので、地味で目立たない存在であったが、その存在がヨウにとっては不可欠であることだれもが認めるところであった。