スリク・カンバードンゲ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

スリク・カンバードンゲとは、セカンドの開拓者、開発者。ソショークを開拓し、新興ながらミマ星系を代表する惑星の一つとした。また、その功績もあってユメゴトの開発顧問も兼任しするなど一世を風靡した。

概要

そのキャリアはもともとクピーの起こした新次元技術の影響下ではじまった。そしてそこでは一定の実りある成功を収めた。その後、彼の主要な試金石となるソショークの開拓を始めた。

ソショーク開拓から3年後、「ルーグ」の成功により星系を代表する惑星の一つとなった。「ルーグ」は星系のアイコンの一つとなり、惑星の繁栄を支えた。

また新興ながら星系を代表する惑星とした辣腕ぶりからユメゴトの開発顧問にも就任し、ソショークとユメゴトの代表も兼任するなど星系を代表する巨人となった。