ジージャック

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジージャックは、メラレムリオフィン朝の皇帝。彼の47年の治世はリオフィン朝の最盛期として知られる。極めて有能な人物であると当時に、その強烈な個性でも知られている。

概要

リオフィン朝史上でも屈指の天才児として、幼少より将来の皇帝として英才教育を受けた。皇帝に即位すると、その華々しい外征も含め王朝は繁栄の頂点に達し、最盛期を現出した。

リオフィン朝最大版図を築く一方で、栄華に溢れた47年の治世は贅沢に満ち、退廃的な側面も見せた。そのため賛否両論あったが、帝王はかくあるべしとも称された。 第五次ベール朝の創始者オクトヴァは、彼の子孫であるが、ヤンに移ったこともありベール系の末裔を称した。