ジンジャー・デフォー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ジンジャー・デフォーは、天町の軍人、政治家、宗教指導者である。彼女の経歴は複数の都市にまたがっており、彼女の行動と遍歴は、しばしば彼女の個人的な生活に触発されており、称賛と幅広い情報を受けています。

概要

天町で出生し、またキャリアを始めた彼女の始まりは14歳でした。その後彼女は10代にして宗教家として影響力のある存在となりました。

影響力の増強と相まって、彼女は宝封との関係を強め、結果宝封へと拠点を移し、まもなくその地位を確立しました。一方彼女の早い成功は社会的注目にもつながり、それは彼女自身のキャリア、精神にも影響を与えることとなりました。結果彼女は主要な所属であった「大機械」との決別へとつながりました。

大機械決別後は六顕および論教との関わりも強くし、またそれは新たな成功と賞賛を得ることとなりました。

彼女の最も初期の精神的記憶の1つは、彼女の祖母、教会で説法するのを聞いたことです。